coincheck(コインチェック)の口座を開設してみた

コインチェックの口座を作ってみた

大手のビットフライヤーの口座も簡単に作れたので、ビットフライヤーと同じくテレビCMを打っている大手のコインチェックの口座も開設して、この2社の使い勝手を比較していきたいと思います。

まず知ってみる

まず知ってみる

コインチェックのおすすめポイントまとめ

  • 国内ビットコイン取引高、アプリ利用者数ナンバーワン
  • 口座開設が無料で簡単
  • アプリが使いやすい
  • ウィジェットが見やすいと評価が高い
  • 初心者が親しみやすい
  • 貸仮想通貨サービスがある

コインチェックのサイトを見てみる

アプリやウィジェットを見られるだけでも、口座開設して正解、という意見が多いようです。

coincheck(コインチェック)の口座をスマホだけで開設してみる

まずはトップページに行ってみますと・・

コインチェックトップページ

ビットコイン取引高ナンバーワン、このあたりはビットフライヤーとの競争も熾烈なのでしょう。アプリ利用者数を前面に打ち出していますね。やっぱりアプリのcoincheck、といったところでしょうか。

コインチェックユーザー登録画面

ビットフライヤーと同じく、Facebookと連携するのが一番手っ取り早い登録方法になるようですが、Yahoo!やGoogleのIDによる登録もできるビットフライヤーほど、手段は多くありませんね。では今回もメールアドレスによる方法で登録してみます。

コインチェックのサイトを見てみる

ナイスショット

コインチェックアプリ

同時にウォレットのアプリもダウンロードしておきます。

メールアドレス送信

まずメールアドレスに認証用のメールが届きました!素直に次に進んでみると・・

コインチェックのサイトを見てみる

電話番号認証

電話番号認証が最初に必要になります。

電話番号認証2

コインチェックのサイトを見てみる

送信してみると・・

電話番号認証3

認証されました。実は電話番号の送信が混みあっているのか、1回目はなかなか送信されず、2回目のトライで送信済みが表示されました。

ひとやすみ・・

ひとやすみ・・

規約をチェック

コインチェックのサイトを見てみる

続いて本人確認に入ります。まず同意関係にすべてチェックを入れて先に進むと・・

セルフィー送信

証明書類(免許証など)画像の送信だけでなく、証明書類と一緒に写ったセルフィーの送信も求められますから、すぐに撮影できるように準備しておきましょう。

本人確認

コインチェックのサイトを見てみる

必要事項をすべて揃えて送信しますと・・

登録完了のハガキ(簡易書留)が届いて、手続きは終わりです。本人確認資料の送信から3~4日でハガキが届く、ということになっていましたが、年末年始を挟んだこともあって、なかなかハガキが届かず、カスタマーサポートにメールを送ったところ、配送状況などを調べて逐一メールで知らせてくれました。結果的に10日前後かかりましたが、カスタマーサポートは丁寧に対応してくれることはよくわかりました。

というわけで、コインチェックの口座も整いました。他社との比較なども行っていきますね・・

温泉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする