簡単無料!ビットフライヤーの口座を作るまで

超絶簡単わかりやすい!仮想通貨ざっくりまとめ

まずは用語を知っておきましょう。もともと、仮想通貨という言葉は通称で、日本語で正式には、暗号通貨と呼ばれていましたが、仮想通貨のほうが先に浸透してしまい、さらには法律にも仮想通貨という文言が採用されてしまいました。

貨幣、紙幣というお金の実体が無い=仮想というイメージのほうが、しっくりきますし、暗号=謎、事件、スパイ、というマイナスイメージ、あるいは単純に仮想通貨のほうが、ゴロが良いからかもしれません。

しかし本来の意味合いとしては、仮想=実体が無い、のではなく、個々を識別する暗号=記録が存在し、それらがデータベースに蓄積されています。

ですから、例えば、今、あなたが持っている紙幣と私が持っている紙幣の番号が違うように、あなたが持っている仮想通貨と私が持っている仮想通貨は、確実に区別できるという仕組み。これが、いわゆるブロックチェーンの技術によって可能になりました。

仮想ざえもん

仮想ざえもんです。まぁ楽しんでって~

ただ貨幣や紙幣のような、金属や紙幣でできた物体ではなく、仮想通貨はデータでできたお金ですから、手から手へ引き渡すことはできず、通信によってやりとりすることになるわけですね。

ビットフライヤー公式サイトを見てみる
コインチェック公式サイトを見てみる

仮想通貨は「お金の最終進化形」

仮想通貨が革命的であると言われる、もうひとつの重要な性質は、国が作っているわけではない、ということです。

ご存知のように、現在世界じゅうで流通する通貨は、各国がその国の権限で発行していますが、その点では、仮想通貨は「お買いものポイント」のようなものです。

お店側が独自にポイントのシステムを作り、それを使う人の間だけは、お金としての意味を成す、ということです。お店単位の話ではスケールが小さく感じるかもしれませんが、もしそのポイント制度に、全世界中の人が賛同したらどうなるでしょうか?

物体としての貨幣のやりとりをしなくても、ポイントの送受信だけで、いつでもどこでも決済ができるとしたら?

仮想通貨が急速に値上がりしている理由は、投機のためだけではありません。世界中の人々が、その価値に気づき、みんなが欲しいと思い始めているからなのです。

実際、日本でも法律の整備が進められ、2017年4月に、資金決済に関する法律が改正され、「第三章の二 仮想通貨」が施行されました。この部分が、いわゆる仮想通貨法と呼ばれています。

仮想ざえもん分散投資

分散投資!

ビットフライヤー公式サイトを見てみる
コインチェック公式サイトを見てみる

ビットコインとは?

ここ数年、価格の高騰がニュースにもなる、ビットコイン。これは、仮想通貨のひとつのブランドです。通貨でいえば、米ドルのようなもので、仮想通貨のブランドの中で、一番最初に公開され、一番多くのシェアを持っています。

一番人気ならば、仮想通貨はもうそれだけにしちゃえばいいのに!って思いますよね。でもそれができないのです。仮想通貨はプログラムですから、初めから上限が定義されているんですね。限りがあって、かつ、欲しい人が多ければ、値段が上がる、というわけです。

また2017年からは、ビットコインの名前をテレビCMなどでも聞くようになりましたよね。ビットコイン?ビットフライヤー?いったい何のコマーシャルなの?と思ったかもしれません。商品内容についていっさい言わない、イメージだけのCMですからね。

ビットフライヤーとは、ビットコインを扱う取引所の会社のひとつです。ビットコインだけでなく、何種類かの仮想通貨を扱っていて、預金や送金、決済だけでなく、FXトレードなどもできるようになっています。

これまでも、ネット銀行で株やFXをやっているようなところがありましたが、あれの仮想通貨版をイメージすればよいでしょう。もちろん、無料で簡単に口座を開設することができます。

上記の仮想通貨法によって、仮想通貨の取引所は内閣総理大臣による登録が必要になりましたが、国が法律で定めたことにより安心感も広がり、価格の上昇を後押しするとともに、ビットフライヤーのような取引所が、日本国内にも何社も誕生しました。ちなみにビットフライヤーは、ビットコイン取扱量が多いことを売りにしているようです。

私たちが仮想通貨を持ったり、売買したりするには、このような取引所を介さなければできませんが、取引所に口座があれば、パソコン、スマホからワンタッチで、人に送ったり、買い物をしたりすることができます。

この便利さから、仮想通貨は「お金の最終進化形」と言われています。個人で銀行口座を持たない人が多い途上国でも、ほとんどの人がスマートフォンを使用するようになっています。送金や決済が日本より不便で時間がかかる諸外国で、仮想通貨が急速に普及していくことは、容易に想像できます。

お金が仮想通貨へと進化していく現在の流れは、もはや後戻りできないものと思われます。

ビットフライヤー公式サイトを見てみる
コインチェック公式サイトを見てみる

仮想通貨のメリット・デメリット、まとめ

メリット

  • 即時送金
  • 即時決済
  • 両替の必要が無い
  • 手数料が割安
  • ハイパーインフレなど国の財政状況による影響を受けない

デメリット

  • スマートフォンなどの電子デバイスが必要
  • 種類が多い
  • 価値が流動的
    (為替変動の影響を受ける通貨も、実は流動的ではありますが・・)

ビットフライヤー公式サイトを見てみる
コインチェック公式サイトを見てみる

仮想ざえもん波乗り

波に乗ってけー

仮想通貨の口座を作ってみた

なにはともあれ、口座を作ってみます。口座を持つだけなら、タダ。無料ですからね!!話のネタに、ブームに乗っておくだけでも、損はないでしょう。まずは大手のビットフライヤーから試してみますね。

ビットフライヤーのおすすめポイントまとめ

  • 国内ビットコイン取引量第1位
  • 口座開設が無料で簡単
  • 取引画面がわかりやすい
  • 主要な仮想通貨が揃っている
  • 楽天で買い物をするとビットコインがもらえる
  • 仮想通貨損失被害補償がある
  • 日本の大企業が出資している会社で安心

ビットフライヤー公式サイトを見てみる

bitflyer(ビットフライヤー)の口座をスマホだけで開設してみる

将来、この口座がお財布代わりになることを考えると、すべてをスマホで操作することになりそうですから、口座を作るところからスマートフォンでできるか、やってみますね。

bitflyerトップページ

これがビットフライヤー公式サイトのトップページです。テレビCMキャラクターの成海璃子さん、カワイイですね(*^^*)

bitflyer登録方法

facebook、yahooID、googleとつなげる方法が簡単です。本当にワンクリックで登録ができてしまいます。

ビットフライヤー公式サイトを見てみる

ですから、あえて一番手間がかかるメール認証の方法で、やってみますね。スマホで受け取れるメールアドレスを使うと便利です。まずそのメールアドレスを送信するとすぐに確認メールが届くので・・

bitflyerメール認証

届いたキーワードをコピーして、リンク先の入力フォームにペーストすると・・

bitflyer登録完了

登録完了画面が出るので、全項目にチェックを入れて「bitflyerをはじめる」をクリックすると・・

bitflyer登録完了直後

最初の画面は、アプリのダウンロードになります。このアプリがないと操作できないので、素直にダウンロードします。もちろん無料です。

ビットフライヤー公式サイトを見てみる

仮想ざえもんだるま

bitflyerアプリダウンロード

自動でダウンロードサイトに飛んでくれます。ダウンロード完了後すぐに開いてみると・・

bitflyerアプリ最初の画面

これが、bitflyerのスマホアプリの最初の画面です。初回パスワードでログインします。

bitflyerアプリ2番めの画面

通知を許可します。

bitflyer価格表示

bitflyerで取引ができる仮想通貨の価格が表示されました。

ビットフライヤー公式サイトを見てみる

仮想ざえもんウインドウサーフィン

快調~♪

赤い印をクリックしてアカウントの設定を始めます。

各種記入事項を入力して、本人確認資料の写真を撮って送信すると・・

bitflyer提出物完了

本人が確認されるとトレードクラスにアップグレードされました。FXトレードなどができる口座になったみたいです。

ビットフライヤー公式サイトを見てみる

bitflyerハガキ受け取り

後日、自宅に簡易書留が届きます。これを受け取ってすべてが完了です。簡易書留には口座情報などは一切書かれていません。あっさりしていますね~

bitflyerハガキ受け取り後のサイト表示

ビットフライヤーにログインしてみると、お手続き完了の表示。インターネット上だけで完結、徹底していますね。さあ、あとは日本円を入金すれば、仮想通貨を購入できますよ!

ビットフライヤー公式サイトを見てみる

コインチェック公式サイトを見てみる

仮想ざえもん急げ

スピードが決め手だ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする